土地家屋調査士ら安定性のあるジョブゲット|独学でもできる賢い方法

安定の仕事に就く

公務員は大きく二つに分けられます

スーツ

バブルが崩壊して以降、仕事にも安定を求める人が多くなりました。公務員は会社員のように倒産する恐れがなく、給料も安定しているので人気が高い職業となっています。 公務員になるには、まずどんな仕事があるのか知っておく必要があります。大きく分けると、公務員は国の機関で働く国家公務員と、地方行政で働く地方公務員があります。 一番身近な地方公務員で考えてみましょう。地方公務員になるには、高校卒業程度や大学卒業程度の試験を受けて、それに合格する必要があります。県庁や市役所、役場で働く場合、それぞれの市町村で人材募集をしています。 最近は地元志向の人も多くなり、県庁や市役所、役場などで働きたいと志望する人も増えてきました。

地方公務員もいろいろあります

地方公務員になるには、警察官や消防士なども同じ扱いです。警察官は、それぞれの都道府県が募集しますし、消防士は、市町村などで試験を受けて、その後採用されます。 学校の先生も同じく地方公務員です。教諭になるためには、短大または大学で教員免許状を取得、または見込みの人でないと、教員採用試験も受けられません。小学校、中学校、高等学校、養護教諭などに分かれて試験を受けるのです。 最近は、公務員になるには専門学校で学ぶ人も多くなりました。数多くの実績をあげているということで、なかなか採用されない人が通うパターンが多いようです。非常勤をしながら試験勉強ができないという理由で、勉強一本に絞って試験に臨む人も多くなりました。