土地家屋調査士ら安定性のあるジョブゲット|独学でもできる賢い方法

人気の資格とは

司法書士試験の勉強方法

スーツ

司法書士は人気の国家資格です。試験に合格すると、司法書士として不動産登記や商業登記などの登記実務を行うことができます。 さて、司法書士試験に最終合格するには、一次試験で筆記試験に合格し、さらに二次試験で口述試験に合格しなければなりません。試験科目は、憲法や民法をはじめ、11科目あります。 通常、司法書士試験の受験者は専門スクールや、通信講座を受講する人が過半数を占めます。 しかし、独学で合格することも不可能ではありません。実際、独学で合格している人も多数います。 独学で合格するには、各科目ごとに過去問や問題集から頻出されている事項を見分けることが大切です。 試験科目が多いので、独学で闇雲に勉強していては、時間がかかりすぎてしまうからです。 そして、頻出事項を中心として、基本書や参考書を読み込み、問題集で繰り返し演習を重ねましょう。

独学が人気の理由とは

司法書士試験を独学で合格するメリットは、まず第1に経済的負担が少ないことが挙げられます。 専門スクールや通信講座で受講すると、十万円から数十万円の費用がかかります。 これに対し、独学の費用は、必要科目の参考書と過去問集など、教科書代のみです。 そして第2に、仕事を持つ人など、スケジュールに融通がきくことが挙げられます。 専門スクールでは、決まった曜日や 時間に開講される為、突然残業などがある社会人が通学するのは困難です。 通信講座も、課題の提出期限などが決まっており、繁忙期に全く課題が出来ないということもあります。 これに対して、独学での勉強は、ペースさえきちんと掴めれば、自分の仕事のスケジュールに合わせて、勉強をじっくり進めることができます。 以上のメリットが、司法書士試験を独学で勉強する人気の理由と言えるでしょう。